中国旅行•観光ガイド:中国の魅力を世界へ—日本語専門サイト

通天岩

      通天岩は贛州古城区の西北郊外に位置しています。それは比較的に発育が良い丹霞地形の観光地です。摩砂岩山からなり、天然岩穴が多く、通天岩景勝地は3つの山坳、4本の尾根、10カ所の岩穴を含む。観光地区の中心、峰は囲んで屏風のようで、真ん中には1基のピークがあって、雲にそびえ立っているので、通天岩と呼ばれています。ここは谷が奥深く,泉水がさらさらと流れ,木々が生い茂っていて,昔から避暑観光地である。歴代多くの有名な人がここに来たことがある。

      観光地は通天岩、翠微岩、同心岩、忘帰岩、広福寺、玉池、一滴泉、玉岩亭、惜春亭と群玉閣など10カ所の観光スポットがあります。断崖の壁には石刻造像361龛、410尊があり、文字石刻が128品あります。石刻の造像はすべて仏教の題材で、大部分が北宋の時間の作品で、翠微岩の部分の彫刻はかなり隋代と唐代の風格を備えています。

      石窟造像は急峻で姿態が多い断崖の壁に分布し、宋代以来の名人の文字石刻は忘帰岩、観心岩、龍虎岩、通天岩、翠微岩などの観光スポットの断崖の壁に分布している。北宋の時、郡守林顔は同県人の陽孝本に玉岩を題名した。蘇軾は降職されて、嶺南に派遣されて、虔州を経由して、陽孝本に会って、詩を書いて称賛した。明代理学者の王陽明はかつて観心岩で講義したことがあり、彼は通天岩を観光した後、断崖の壁で詩を書きました。

      通天岩の石刻造像と題記は大量の文史資料を保存しただけでなく、そして彫刻が精巧で、古代書道芸術の逸品である。これは中国の重要な芸術宝庫の一つで、その数の多さは江南のトップである。それは省級重点風景名勝区、全国重点文物保護部門である。

      通天岩石窟は江南最大の石窟寺で、国家重点文物保護部門に属しています。唐代の末年から、ここは石窟寺として建造られ、北宋の時、石窟寺の最盛期であった。石窟寺は仏教寺院建築の一種で、インドの石窟寺から由来します。中国の石窟寺は約紀元4世紀中期に始まり、仏教の伝来に伴って興った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です