中国旅行•観光ガイド:中国の魅力を世界へ—日本語専門サイト

明月山

      江西明月山観光地は国家級景勝地、国家AAAAA観光地、国家森林公園、国家地質公園、国家自然遺産であり、江西省新赣鄱の十つの有名な景勝地の一つである。江西武功山明月山観光区は、全国初の生態都市である宜春市城の南西15キロのところに位置し、計画面積は136平方キロメートルで、武功山東北端の山麓部分に属し、“急峻な峰、温泉、飛瀑、珍しい動植物と禅宗文化”を主な特色とし、「生態観光とレジャー休暇と科学教育と宗教旅行」を一体化した山岳型景勝地です。

      宜春市は2008年9月に“月の都”、“月の城”などの商標を成功に登録し、そしてドメイン名を登録しました。2009年の中央テレビ大型中秋夕べ“宜春月·中華情”の全世界中継に伴い、“月の文化”で有名な宜春は全世界の華人に知られる“名月の都”となった。

      江西武功山-明月山観光区は主に太平山、玉京山、老山、仰山など十数基の海抜千メートル以上の峰からなり、主峰の太平山は海抜が1736メートルで、山全体が半円形を呈し、半輪の名月のようであることから、明月山と呼ばれています。明月の山々は、高く壮観で、千姿万態です。あるものは雄大で美しいで、あるものは急峻でまっすぐに立っていて、あるものは奥深くて静かで、それぞれ特色がある。明月山の景色は天然に形成されているので貴重です。ここは雲海が広々としていて、山野天池、ニホンザルが出没して、“断崖絶壁、奇岩怪石、青々とした松柏、満開な山花”は四絶と呼ばれて、峰、滝、洞、石で有名である。観光地内は峰が重なり、怪石が林立し,山の花が満開で、松や柏がそびえ立っています。至る所に鳥や獣がいて、花の香りが漂っています。山間の小道、青い苔、泉水、飛瀑、その境に身を臨んで、まるで仙境に入ったようで、“黄山に酷似している”という美称があります。

      明月山は中央アジア熱帯季節風湿潤気候に属し、気候資源が豊富で、作物の生長季節は300日以上で、最長は307日です。雨量は十分で,年平均気温は12℃−15℃ぐらいで,年間降水量は1500ミリから1800ミリまでで,空気が清新です。山の空気中の1立方センチメートル当たりのマイナスイオンの含有量は7万個以上に達し、国家標準の35倍で、国内外で有名な天然酸素バーである。

      明月の山々は、高く壮観で、千姿万態です。あるものは雄大で美しいで、あるものは急峻でまっすぐに立っていて、あるものは奥深くて静かで、それぞれ特色がある。明月山の景色は天然に形成されているので貴重です。ここは雲海が広々としていて、山野天池、ニホンザルが出没して、“断崖絶壁、奇岩怪石、青々とした松柏、満開な山花”は四絶と呼ばれて、峰、滝、洞、石で有名である。観光地内は峰が重なり、怪石が林立し,山の花が満開で、松や柏がそびえ立っています。至る所に鳥や獣がいて、花の香りが漂っています。山間の小道、青い苔、泉水、飛瀑、その境に身を臨んで、まるで仙境に入ったようで、“黄山に酷似している”という美称があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です