中国旅行•観光ガイド:中国の魅力を世界へ—日本語専門サイト

万年神農源

      江西省万年神農源景勝地は江西万年、代陽、楽平の三県の境目にある黄天峰の下にあり、代万道路に隣接し、万年県城から20キロメートルで、代陽県城から50キロメートルで、南昌市から130キロメートルで、上饒市から110キロメートルです。景勝地は山々に囲まれていて、景色が美しく、空気が清新で、気候が適切です。

      万年神農源景勝地は世界稲作文化発祥地(国家級重点保護文物仙人洞、吊桶環遺跡、仙人洞吊桶環遺跡陳列館などを含む)、中国で最も美しい地下川である神農川、及び中国初の元生態洞穴探検の3つの部分から構成されています。農源観光地は大自然の形態美、動態美、色彩美、音の美とおぼろげな美を集め、新、奇、霊、秀、幽、険などの特徴を持っています。全体の観光地は現在すでに国家AAAA級観光地と国家地質公園を申告した。

      万年仙人洞は中国で比較的に早く発見された新石器時代遺跡で、60年代初めに2回の科学的な発掘を行ったことがあって、、多くの人類活動遺跡と豊富な歴史文物を発見し、かつて国内外の学者の極めて関心と重視を引き起こした。しかし,この遺跡の絶対年代と原始経済形態の諸問題については,科学界では大きな相違があるため,この遺跡の価値は30年近く埋没しました。

      人類が水稲を栽培する起源を探るため、1993年と1995年、中米農業考古隊は2回この洞窟,及び仙人洞から約800メートルの吊桶環洞で考古学のサンプリングと発掘を行い、重大な収穫を得た。まず,仙人洞と吊桶環洞には旧石器時代末期から新石器時代早期までの上下二層の地層が堆積していることが間違いなく確認されました。大量の炭素十四測定データによると、上層は今から約9000-14000年で、下層は今から約15000-20000年で、このような完全な地層の堆積は、華南地区ですでに発見された多くの洞穴遺跡の中で非常に珍しいです。これは人類がどのように旧石器時代から新石器時代への移行及び新石器革命がどのような環境、どのような状態で発生したのかを検討するために科学的な資料を提供し、学術的に重大な意義を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です