中国旅行•観光ガイド:中国の魅力を世界へ—日本語専門サイト

霊岩洞

      霊岩洞は“中国で一番美しい農村”である江西婺源の領内に位置しています。霊岩洞森林公園は1993年に国家林業部に許可された“国家森林公園”で、また1995年に省政府に許可されて建設された“省級風景名勝地”で、面積は約30平方キロメートルである。

      霊岩洞群は卿雲、蓮華、涵虚、凌虚、瓊芝、萃霊など36個の鍾乳洞から構成されています。“方舆胜覧”には、大きい鍾乳洞は雄大で奇妙で、小さい鍾乳洞は精巧で美しいで,洞窟内の泉水は澄んでいて、水と石が互いに映えていて、石筍、石花、石柱、石幔の種類が多くて、千姿万態だと記載されています。

      ここには蓬来仙閣、金闕瑶池、雲谷遊龍、天池蓮香、龍門潟玉などの景観が数百カ所あります。さらに驚くべきことに、洞窟には“岳飛ここまで”、“呉徽朱熹”、唐代大中十一年、御史中丞盧潘や明代戴铣の石刻など、古代の観光客の題字2000箇所以上が保存されている。

      霊岩洞には唐代以来の名人の題字が2000カ所以上残っています。“洞の険しさ、水の奇妙、石の奇拔、墨の香り”の特色があり、“五岳から帰ってきたら山を見たくなくなり、霊岩が帰ってきたら穴を見たくない”という説がある。現在すでに涵虚、蓮華二つの岩穴を開発した。涵虚洞は全部で七階で、奥が深くて奇妙で、その中の四階と五階の間の落差は八十メートル以上に達し、地下川の水は澄んでいて、岩が水面に映っていて、景色は様々である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です