中国旅行•観光ガイド:中国の魅力を世界へ—日本語専門サイト

江湾

      江湾観光地は江西省上饒市婺源県の東北部に位置し、面積は27.4平方キロメートルで、2001年6月20日に完成され、一般的に開放されました。婺源県城から28キロメートルで、景勝地の黄山から96キロメートルで、景婺黄高速道路の入り口から1キロメートルです。

      江湾は古い村落で、徽州文化の趣がとても深いで,村には三省堂、敦崇堂、培心堂、滕家老屋などの多くの徽派古い建築と蕭江宗祠、江永記念館、南関亭、北斗七星井などの観光スポットが保存されています。婺源の文化特色を展示するために、江湾観光地に百工坊、鼓吹堂、公社食堂などの観光スポットを新設し、観光客に昔の手工芸職人の伝統的な技術を体得させて、徽劇、婺源民謡などの伝統的な演目を観賞し、歴史的価値と観賞価値を持ちます。

      江湾観光地は国家級文化と生態観光地で、江西省愛国主義教育基地で,2013年1月16日、江湾観光地は正式に“国家5 A級観光地”の称号を授与されました。

      深い徽州文化の伝統を持っている古い村落は婺源県東北部に位置しています。元の国家指導者江沢民の故郷として有名です。建築配置は非常に特色があり、1本の通りと6つの路地が縦横に交差し、後龍山から見下ろすと、路地の間に大きな“安”の字が構成された。完全に保存されている御史府、中憲第などの明清時代の官邸だけでなく、滕家古い部屋、培心堂などの徽派商用住宅などの古い建物もあります。有名な蕭江祠堂もあり、かつて江南七十の有名な祠堂の中で“最高の祠堂”と呼ばれ,婺源の古代四大古い建築の第一です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です