中国旅行•観光ガイド:中国の魅力を世界へ—日本語専門サイト

梅嶺景勝地

      梅嶺景勝地は南昌市西郊15キロメートルのところに位置し、江南最大の“飛来峰”にあり、前漢梅福がここで道法を修行することから命名された。また、市街の西に位置していることから、西山とも呼ばれている。

      昔から、“洪崖丹井”、“西山秋翠”、“銅源三群”(滝群、棚田群、水碓群)は、文人墨客が争って詠んだ有名な景観である。梅嶺は山の勢いが雄大で、峰が青々と連なり、四季が秀麗で、気候が適している。それは雲にそびえ立つ峰、蛇行する渓流、奥深い谷、高低が起伏の岩、漂っている雲霧、美しい風景によって、梅嶺の“翠、幽、俊、奇”の特色を構成し、昔から“小廬山”と呼ばれている。

      梅嶺の山頂であろうと、洗薬湖畔であろうと、避暑山荘であろうと、朝は東の雲海から昇る日の出を見ることができ、夕方には洪城万家の灯火を見下ろすことができ、春には真っ赤なホトトギスの花を観賞することができ、夏には百丈仙台の涼しい風を享受することができ、秋には千峰の果物ーを味わうことができ、冬には万山の美しい雪景色を楽しむことができます。まさに風景が美しく、避暑観光の人世の仙境です。

      梅嶺の谷間は、至るところに灰色の花崗岩が積み重ねる階段を見え,大きさの異なる岩穴がたくさん形成されています。形は廬山仙人洞のような雲隠洞、長さは百メートル以上の潘仙洞、よく曲がって変わる造銭洞、洞窟の中には滝がある秦人洞があり,また形の異なる尖刀石、竜爪石、礁日石、穿剣石、仏名石があります。また多い神話物語が民間にも伝わっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です