中国旅行•観光ガイド:中国の魅力を世界へ—日本語専門サイト

大鄣山

      大鄣山は、「三天子鄣山」とも呼ばれ、安徽と江西の地界に位置し、江西上饒婺源の北部障壁で、黄山山脈に属しています。ここは山々は囲まれ、峰が林立し、森林の被覆率は90.7%に達し、峰の標高は800から1600メートルで、主峰の擂鼓尖の海抜は1629.8メートルで、高く雄大で、平川を見下ろすことができ、県内の最高峰である。また、山上には雲霧が立ちこめていて、その間を歩くと、まるで雲霧に乗っている仙境に入るようなものです。主な観光スポットは臥龍谷があります。現在開発された鄣山大峡谷-臥龍谷は、景観価値が独特で、完全に原始的な風貌を備えた高山峡谷観光スポットで、金庸が書いた人世の美しい景色、桃源郷です。

      大鄣山山脈は天目山山脈の中段で、四列山脈からなり、東北西南に向かい、長さは76キロメートルである。北行には二列の山脈があり、東の列は黎明尖、浪広嶺で、東は臨安県の大竺尖に接しています。西の列は聞鐘嶺、山雲嶺、峤嶺で、東は寧国と臨安県境にある竜池山に隣接しています。南行には2列の山脈があり、東の列は清涼峰、湖田山、龍須山、鳳凰山で、境界線は績、歙の2つの県である;西の列は丈尺山、石金山、富林山である。

      清朝乾隆の“績渓県志”には、“績渓県で最も高い山は大鄣山”と記載され、“諸山祖”と呼ばれています。その中には標高千メートル以上の峰が30基あまりある。

      大鄣山には構造が複雑で機能がそろっている自然生態系が保存されている。観光地内の気候は涼しくて湿潤で、極めて豊富な生物資源を埋蔵しています。ここは地質年代が悠久で、水資源が豊富で、その上地形が独特で、天然の聖地です。第一期に開発された臥龍谷には観光客の歩行桟道、古風で質朴な茅葺きの家と古雅な茶亭が設計されています。精巧な石屋がその間に点在し,非常に生活に親しみ、人文に親しみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です