中国旅行•観光ガイド:中国の魅力を世界へ—日本語専門サイト

井岡山

      井岡山は湖南東部と江西西部の境目に位置し、万洋山の北部支脈であり、後漢年間にすでに井岡山に住んでいる人がいたと伝えられている。秦朝が郡県制を設立した以降、井岡山は九江郡廬陵県の属地です。

      井岡山は井岡山市新城区から35キロメートルで、吉安市吉州区から約130キロメートルです。森林被覆率は81.2%で,年平均気温は14.2度で,今でも多くの人跡未踏の広大な原始林が残っています。世界で最も代表的な山地亜熱帯常緑広葉樹林区です。代表的な植物は小豆杉の木、イチョウ、半楓荷、白豆杉、伯株樹など千種類以上あります。井岡山のボーキサイト、レアアース鉱の埋蔵量が豊富で、2つの優勢鉱物である。井岡山は“中国革命の揺りかご”と呼ばれています。

      井岡山は湖南と江西の境目に位置し, 羅霄山脈の中段に位置し、山の勢いが高く、地形が複雑で、多くの主な峰の海抜は千メートル以上で、最南端の南風面の海抜は2120メートルで、井岡山地区の最高峰です。

      井岡山は山が高く林が茂っていて、溝や谷が縦横に走って,峰々が折り重なっていて、地勢が険しいです。その中部は高い山と険しい峰で、両側は低い山と丘陵で、山の下から山の上に眺めると、高くそびえる井岡山は巨大な城のようで、五つの関所は“城”に入るために必ず通るところで、ここを守ると,守りやすく,攻めにくいです。1927年秋、毛沢東、朱徳などの中国共産党人は中国労農紅軍を率いて、ここで第一の農村革命根拠地を創立し、中国革命のために農村によって都市を包囲し,最後に都市を奪取する正しい道を切り開いた。井岡山は「革命の揺籃」として国内外で有名です。1982年、ここは国家重点風景名勝地に指定され、1991年に“中国観光地四十佳”に選ばれ、1994年にまた全国愛国主義教育基地と国家園林城に確定された。

      この不思議な土地はかつて毛沢東、朱徳など一代の偉人を育てた。30カ所以上の革命遺跡は依然として良好に保存されており、その中,国家級保護遺跡は10カ所、省級保護遺跡は2カ所、市級保護遺跡は17カ所である。3000点近くの文物を持つ井岡山革命烈士博物館、記念堂、碑林、彫刻群と革命烈士記念碑が一体となった井岡山烈士陵園は井岡山闘争の光栄な歴史を詳しく記述しています。中国現代革命の歴史を探究し、烈士の光栄の伝統を探したければ,井岡山はあなたに満足な答えをあげます。井岡山は革命遺跡が多いだけでなく、風影も非常に美しく、景勝地の面積は213.5平方キロメートルに達し、茨坪、龍潭、黄洋界、五指峰、筆架山、仙口、桐木嶺、湘洲の8つの観光エリアに分けられ、観光スポットは60余り、景物景観は270以上ある。雄大な山々、奇抜な岩石、雲にそびえる古木、不思議な飛瀑、気勢のみなぎる雲海、美しい日の出、咲き乱れるツジの花、不思議な鍾乳洞は人を陶酔させる。ここは夏は涼しく、冬は寒くなく、気候は適切で、四季の風景は絵巻のように美しいです。観光、避暑療養、科学考察、歴史研究のいいところです。中国現代の文豪、有名な歴史学者郭沫若同志は革命遺跡を仰ぎ見て、龍潭風景区を遊覧した後、“井岡山下後、万嶺不思遊”と嘆くんだ。

      井岡山は地勢が険しく山道がくねくねと起伏しているだけでなく、渓流が密集しています。ある渓流は流れが急で、あるものはさらさらと流れ,壮麗な井岡山に無限の景色を添えている。井岡山は林が生い茂っていて,花や木が多いです。ここは山水だけでなく、青々とした山林もあり、山いっぱいに井岡翠竹とつつじの花があり、姿の多い井岡山に風采を添えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です