中国旅行•観光ガイド:中国の魅力を世界へ—日本語専門サイト

亀峰景勝地

      亀峰山は弋陽県内に位置し、ここの山体も典型的な丹霞地形ですが、自然風化の影響を受けて、この地域には形が亀のような山岩がたくさんありますので、亀峰と呼ばれています。開発が遅いため、交通が不便であることに加え、周囲の龍虎山、三清山、武夷山などの観光地はそれぞれ有名で、亀峰が埋没されているように、世界自然遺産でもあることを知っている人は少ないため、観光客も少ない。

      亀峰は風景が美しく、山々は絵のようで、典型的な丹霞地形に属し、民間には“三十六峰、八大景”という説がある。それは自然精華、人文風貌を集め、天下の名山の険、幽、奇、秀を一体に集め、儒、仏、道の三教文化を融合した。観光地には商周文化遺跡、太平天国城遺跡、瑞相寺遺跡があります。明代の戯曲四つの節回しの一つである弋陽腔の発祥地としての亀峰は、山々がそびえ立っていて、絵巻のように美しく、洞穴や仏窟が多く、歴史に英傑が輩出しています。

      明代の大旅行家で地理学者の徐霞客が亀峰を観光した後、彼の“江右遊日記”に亀峰についての状況を記録しました。大型テレビシリーズ“江西を渡り歩く”の主題歌は、さらに亀峰に“亀峰の絶景世無双”の最高の評価を与えた。

      亀峰は二大観光地から構成されています。一つは亀峰観光地で、自然地形景観観光地で、千姿万態の亀のような丹山で有名です。主な観光スポットは双亀迎賓、老人峰、三畳亀峰、老鷹劇小鶏、童子拝観音、四声谷、将軍楼、天女散花、百年道、十八羅漢、南天一柱などがあり、最高峰のラクダ峰の海抜418.6メートルで、観光地の最高峰である。山の峰はそびえ立って、岩は奇拔で、象形が独特で、“中華丹霞精品、東方神亀楽園”と呼ばれている。

      昔から“三十六峰七十二景”という説がある。それは自然精華、人文風貌を集め、天下の名山の幽、奇、険、秀を一体に集め、五千年の歴史、宗教、民俗と養生文化を融合し、“天下第一峰観光地”と呼ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です