中国旅行•観光ガイド:中国の魅力を世界へ—日本語専門サイト

龍門洞窟

     龍門洞窟は中国の石刻芸術な代表の一つで,今は世界の文化財で,中国には重点てきに保護られた文化財機構で,国家AAAAA級観光地です。

     龍門洞窟は、中国河南省洛阳市の南13キロの所に位置し、敦煌の莫高窟ならびに大同の云冈石窟は、中国三大石窟と并びされた。 歴史上,後汉、北魏、武周などの时代には,洛阳はかつて都として栄えた场所である。东汉の时代、仏教が中国に伝わってきて、永平年间に中国仏教の名刹、白马寺が建てられた。 北魏の皇帝は、仏教を重んじ、则天武后も仏教への信仰が厚かったため、彼らは洛阳で盛んに仏教建筑を建造した。龙门石窟はそのうちの最も有名なものである。

     龙门石窟は主に、北魏时代と唐代に切り開かれ、そのうち规模が最大で、一番の见所は、唐代、则天武后の统治时期に作られた奉先寺石窟である。 内部の仏像は神々しく、表情はおおらかで優雅である。また、衣の襞まではっきりと見える。其の他、代表的な石窟は、北魏の「古阳洞」、「宾阳洞」、「莲花洞」と唐代の「潜渓寺」、「万仏洞」、「看経寺」などがある。洛阳は西暦770年に周の都が置かれて以来、北魏、隋、唐など9王朝の都が置かれ、「九朝古都」とも呼ばれる。

     龙门石窟の代表とされるのは、龙门山中央の岩壁に彫られた奉先寺洞の廬舎那大仏像で、高さが17.4mがある。両脇には大きな菩薩、天王と仁王が並ぶ。いつも観光客で混雑している。かつては、これらの作品全体は、大きな建物で覆われていた寺院だった。造営には则天皇后の化粧料を当て3年9ヶ月をかけたと言う。中央の廬舎那大仏像は、この皇后、後に中国では唯一女帝となった則天武后をモデルにした、と言われている。岩壁に削り込まれた溝や窪み、穴は、ここを覆った建物の屋根の支柱の跡。寺院の大きさが分かる。見物客はこの階段を歩いて、岩壁の石仏をたどって行く。真下に見えるのは伊河。両側に山が迫る天然の要害だ。皇帝の住む皇城の正門が遠望出来たところから、皇帝を竜になぞらえるので、この地に「竜門」の名が生まれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です